歯科治療の選択肢のひとつの差し歯というものがありますが、多くの人が見た目が悪い、口が臭うようになるといった誤解をされることがあります。
差し歯は昔からある治療法で決して珍しいものではないので、何らかの治療を受けるときにお世話になる可能性はあるはずです。
詳しく知らないと正しい治療を受けられなくなることもあるので、この機会に仕組みや費用、メリットにデメリットなどを知っておきましょう。

そもそも、差し歯の治療は歯の大部分を失った際に、その部分を補うために使われます。
失うというのは根っこから歯が抜けた状態ではなく、転んだ拍子に歯が折れて根っこだけは残っているというような状態です。
鏡で見れば隙間が空いているように見えますが、あごの骨にはしっかり残っているのが条件となります。
そこで人工の土台と被せ物を一緒に作成して、残った根っこの部分に差し込んで装着することで差し歯の完成となります。

昔は歯の中の神経を失った時の治療として差し歯が用いられましたが、現在は被せ物で済ませてしまうことがほとんどです。
土台や被せ物は専用の接着剤で合着するため、自由に取り外しができないという問題もあります。
しかし、残った歯の根っこを使うので、接着できればしっかり固定できることから、かみ合わせなどに違和感がないのはメリットと言えるでしょう。
ですが、歯の根っこが残っていなければ当然ながら治療は不可能となります。
また、根っこが残っていいれば大丈夫と誤解されることもありますが、ヒビが入っているなど割れる可能性がある状態では不安定になることから、土台を立てずに抜歯してしまうこともあります。

差し歯に用いられる被せ物には種類があり、保険診療で安く済ませてしまう場合と、自由診療で歯を美しく見せる場合で変わってきます。
保険診療の場合は硬質レジンという材質でできたものを使用し、表面を白くしたものを装着します。
柔軟性があり割れにくいのが特徴で、費用も1本あたり3千~1万円と安くなっています。
一方の自由診療で使われるのは正面が白く美しいセラミックで、非常に硬いため長年使用することのできる材質となっています。
こちらは1本あたり4万~20万円と歯科医院によって差があるようです。
どちらも金属の被せ物となるので、金属アレルギーのある人には不向きの治療法とも言えます。

仕組みを理解したら治療を受けるだけですが、メンテナンスや使用感などに気を遣う人もいるかもしれません。
差し歯は抜歯されていない歯の根っこと合着することで固定される人工歯なので、治療後の違和感はほとんどありません。
また、固定されたことでズレやゆがみはほとんどなく、よほどのことがない限りは調整も必要ないのが特徴です。
ただし、何らかのタイミングで外れてしまうと自分で取り付けることができないので、いずれにしてもメンテナンスのための通院は必要になります。