もしインプラントが合わないなら入れ歯での対策が有効です。
事故や歯周病などが原因となって歯を失ってしまった場合、その歯を取り戻すことはできません。
自分の歯の代わりになる代わりの歯を入れることできれいな歯を取り戻す必要があります。
代わりの歯を入れずそのままにすると、噛み合わせが悪化し、知覚過敏や顎関節症を誘発する可能性もあるため注意が必要です。

現在、失われた歯を取り戻すための施術の中心はインプラントですが、その前は入れ歯による治療が多く行われていました。
入れ歯にすると出っ歯になりやすく、発音しにくいというのは間違いです。
現在では、入れ歯治療も医療技術の進歩によって様々なニーズに応えられるようになっています。

インプラント治療が合わない場合には、入れ歯による治療が有効である場合があります。
インプラント治療はすべての人が行えるというわけではありません。
特に、重度の糖尿病を患っている場合や骨粗鬆症を患っている場合は、インプラント治療ができない場合があります。
糖尿病の場合はネジの固着がうまくいかないことが多いです。
基本的にインプラントは歯の根の代わりにチタン製のネジを埋め込み、その上に人工歯を付ける治療です。
このため、チタンネジを埋め込む歯に一定程度の強度、厚みがないときはインプラント治療が困難あるいは不可能であると考えられます。
そのような方であっても入れ歯による治療であれば可能です。

入れ歯治療であれば、インプラントの一種であるブリッジ治療のように健全な歯まで削らずに歯を補うことができます。
多くの歯を失ってしなってしまった方は骨が薄くなってしまうため、歯茎や口元が痩せてしまい、年齢もより老けてみえてしまいます。
その点、入れ歯であれば内側からボリュームを出すことができるため、自由に口元を作ることができて歯茎や口元が痩せることもないので、若々しい表情を取り戻すことができます。

入れ歯は、作り込むことで歯並びと噛み合わせを柔軟に調整できます。
インプラントは、骨の厚みがある内側に植立するため、もともとの歯の位置に再現することは難しく、内側からボリュームを出すことが困難です。
入れ歯であれば手術も必要ないのでリスクも少なくなります。
インプラントの場合、術後の予後不良からインプラント周囲炎などの歯周病を招く可能性もあります。

そのため、インプラント治療が合わない方には、入れ歯による治療の方が合うという場合もあります。
入れ歯の人工歯を適切に選択・配置して、顔全体のバランスを考えて作り込めば、歯並びや噛み合わせもよくなるのでも、見た目も自然で美しく仕上げることが可能です。